本物の水素水を適正価格で!
ホーム奇跡の水?

 世界には「奇跡の水」と呼ばれる場所が数ヶ所あります。

 フランス「ルルドの泉」、ドイツ「ノルデナウの水」、メキシコ「トラコテの水」など
いずれも難病が治ったといった伝承があり、
毎年数万単位の人々が各国から訪れます。
ことの真偽は別にしても、これほど多くの人に求められる水ですから、
何かしらの好結果をもたらしているのは確かでしょう。

 研究者たちの報告によると、どうも天然で水素が含まれているらしいのです。
その酸化還元電位は、-50mV~ー100mVとのことで、
大中山の源泉ー300mVは、奇跡の水を完全に上回る値だということになるのです。


 さて、この水素水の働きとして最も大きいと考えられるのが、
    <活性酸素の無害化>です。


 活性酸素は、生活習慣病を筆頭におびただしい数の病気の原因として、
注視されるようになりました。
活性酸素を増やす原因として次のものが挙げられます。
ストレス・暴飲暴食・放射線・化粧品や毛染の化学物質・排気ガス
・ダイオキシン・強い紫外線・トリハロメタン・電磁波・タバコなど

これまでビタミンCやE、βカロテンなどの抗酸化食品が注目を浴びてきましたが、
これからは水素がもっと注目されて行くと思われます。

活性酸素の紹介サイトはたくさんあります。

活性酸素 http://www.naoru.com/kassei-sanso.htm
身近な脅威~活性酸素 http://www.health.ne.jp/bknumber/2000084.html


 「温泉水素水ハイドレート」、「飲む温泉スペシャル水素水」を製造している源泉は、ー300mVで一般細菌ゼロの状態で噴出しています。

つまりこれは、地下1000mの水素を多量に含む水の中では、細菌やウィルスは生息できないことを意味しています。


 元の性質をさらに強めてー600mVにした水ですから、活性酸素を強力に除去するだけでなく、ウィルス・細菌を生息できない状態にすることは、容易に想像がつきます。

 症状が慢性化するB・C型肝炎やウィルスに起因する糖尿病やガン、エイズ、新型インフルエンザなど、治療に決め手のないものには水素水を試してみる価値はあるのではないでしょうか。


癌克服日誌「奇跡の水」http://miracle-water.digi2.jp/
 もちろん医学的な検証はさらに今後を待たねばなりませんが、副作用や害の全くない水で命を守れる時代が、早く訪れるよう願うばかりです。


※上記各リンクサイトは当社とは無関係ですので、内容に関してはご自身の判断で参考に御覧下さい。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス