本物の水素水を適正価格で!
ホーム水素水の飲み方

 温泉水素水を効果的に飲んで頂くためのご案内です。

 まず始めに水素は、熱によってどんどんと消えていきます。直射日光を避け、 涼しい場所や冷蔵庫で保存して下さい。アルミパウチは飲んだ後空気を抜いておくとよいでしょう。 冬は温めて飲みたいところですが、常温でお願いします。
コーヒーに使ったりすると美味しいのですが、 水素は消えてしまいます。

 一日に飲む量ですが、特に汗をかくような運動や仕事をしないで人が一日に失う水分量が2.2L~2.5Lといわれています。普通の人で、食事から800~1000ml、飲み物から1200~1500mlとなっています。

 この飲み物のうち、水素水をどれくらい飲むかということになります。健康や美容をお考えの方は、 他の飲料(お茶・コーヒーなど)を少し控えて水素水に変えると、スムーズに健康的水分摂取ができるでしょう。 1.5L飲まれてなかった方は、血液をドロドロにしないため是非飲む量を増やして下さい。

 生活習慣病に対して、根本的な体質改善を目差される方は、他の飲料は出来るだけ控えて一日1L~1.5Lの温泉水素水を飲むことがお勧めです。

体内の水分を良質なものに入れ替えるといった意識が大切です。

※抗がん剤・放射線など化学療法を選ばれた方、血糖値を抑える薬を飲んでいる方は、担当医と相談の上ご利用下さい。
ただ、自分でトイレに行けない方にはあまりお勧め出来ません。
 人が最も水分を失う前後にしっかり補うことが重要です。

 最も水分を失う時というのは、①睡眠中②激しい運動や仕事③入浴時 となります。
朝起きた時、運動後、入浴後は、必ずコップ1杯以上の水分を補う必要があります。
この時の水が本当に美味しいんです。

 あとは各食事時、休憩時にコップに半分ずつでも飲むようにされれば、水素は一日中身体の各組織を駆け巡り、 細胞の酸化を抑え組織の老化を遅らせることが期待できるという訳です。高脂肪な食事、アルコール、コーヒー、 また熱いものを食べるときなど、少しでも水素水を一緒に飲まれることをお勧めします。

 果物・野菜を多く摂られるときは、水分が多いですからトイレが近くなりがちです。一日8~10回が標準といわれて いますので、それより多くなるようなら調節が必要ですが、少ない人は標準に戻るはずです。

 特に血液がドロドロだと医師から言われている人は、入浴前・運動前・寝る前も少し水分を摂る方がサラサラになり易くなりますが、トイレに悩むようなら入浴前だけの方がいいかも知れません。

※なお医師から水分量を制限されている方、現在入院中の方は、
医師とよく相談して指示に従って下さい。
また、水素水の飲み方の案内を同梱していますので、よく読んでご利用下さい。

 
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス